立ち止まってその声を聞く
2022-08-15 (Mon)

ニコタに書いた記事のセルフ転載です。
ここでの記事と重複ありです。

—–

ある時、私は自分がここにいる意味を、
見失っていました。

そんな時、日曜美術館というテレビ番組で
河井寛次郎という陶芸家が出てきました。

その方が残した言葉に
以下のようなものがありました。

「私は私を、形でしゃべる。

土でしゃべる、木でしゃべる。

木や石や鉄などでもしゃべる。

形はじっとしている歌。

飛んでいながらじっとしている鳥。

私はどんなものの中にもいる。

立ち止まってその声を聞く。

こんなものの中にもいたのか。

あんなものの中にもいたのか。


この世は自分を探しに来たところ。

この世は自分を見に来たところ」

表現というものは、
身体や言語だけでするものではない、
というような意味だと思う。

最後の、この世は自分を見に来たところ、
という言葉で、「そうか。そうだったのか」。
と思ったのです。

今日だから。

それからもうひとつ。

これは糸井重里さんの言葉。

「最高の道場は、競争ではなく
「憧れ合い」なんじゃないかな。」

「人の不幸をつくる人は
おそらく不幸なのだろうとは思います。」

最後の一言は、戦争のお話の後に、
言っていました。

関連記事
2021.08.14 カラメルドーム
2022.01.21 物理が好きな人たち
2022.07.14 嬉しい(QKの話)
2021.10.03 二重計測…
2022.01.18 終焉の焔
2022.02.22 固視微動
2022.01.11 3日分
2022.08.01 一周年
2022.02.03 意味づけしない