カラメルドーム
2021-08-14 (Sat)

みるみるふくらむカラメルドーム

Newton9月号で紹介されていたカラメルドーム作りに挑戦しています。
結果、本日失敗しました。

カラメルソースをラップの上に垂らして、
セルクルで押すだけ!
なんですが!

カラメルソース、冷ましすぎて膨らまず、

湯煎で温めて再挑戦しようかと思ったら、
サランラップがなくなりました。
あえなく一時中断。
1回しか挑戦してないのに。

慣れないことして疲れました……。
鍋洗うの疲れた。

そして、カップケーキが必要なのかとも思って、
カップケーキの材料も買いましたが、
サイトの説明を見ると「市販のカップケーキ」。

……はやとちり。

今週もお疲れ様でした。


追記:この記事いまだにアクセスが……。
失敗してる話なのではずかし……。

実はこの記事に関するメッセージを、
いただいたことがありまして、
送り主の方もやはり失敗して、
その後どうなりましたかという内容でした。

その方は日本ガイシ様に問い合わせたとのことで、
その結果、丁寧なお返事をいただいたと言って、
やり方・コツの内容を私にも教えてくださいました。

詰んでいる方がほかにも……?と思ったので、
今更ですが追記しようと思いました。

コツは以下です。

ちょっと難しい実験になります。


1. ラップは、ボウルにピンと、たるみ、
  ゆるみのないよう、しっかり貼ること。

2. セルクルでラップを、「強めに」押し下げること。
  お手本動画は、ささやかに、
  少しだけ押し下げているように見えますが、
  実際はボウルの半分ぐらいまで、
  思い切りよく、押し下げています。

  ボウルの中の空気を、半分ぐらいに圧縮して、
  ふくらます力を得る。そんなイメージで、
  ラップが外れそうなぐらいしっかり、
  押し下げてください。

3. カラメルを溶かしてから、ふくらますまで、
  なるべくスピーディーに進めること。
  冷ましすぎると、カラメルの粘度が高まって、
  ふくらみにくくなります。

  溶かした直後では、
  熱すぎてラップが破れてしまうのですが、
  なるべくサラリとした状態のうちに、
  ラップに注いで、
  注いだらすぐにセルクルを押してください。

4. カラメルは、一度失敗したものを温め直さず、
  また新しいものを準備すること。


以上です。
教えてくださった方には大変感謝しております。
日本ガイシ様直々に教えてもらったコツとのことで、
チャレンジする方は是非参考にしてみてください。
(’22.2.8)

関連記事
2021.08.27 支援者様
2022.01.21 物理が好きな人たち
2022.08.09 映画とクイズの話
2022.02.07 「やばい」
2022.02.03 意味づけしない
2022.03.16 空気が重い
2021.11.23 眠気解消
2022.02.04 日本史が好きな人たち
2021.08.02 抹茶爆誕