空気が重い
2022-03-16 (Wed)

ほぼ日の糸井重里さんなどが今、
慎重に、言葉を選びながら、悲しい気持ちで、
文字を紡いでいるのがわかる。

多くの人が、憂いていて、戸惑っていて、
考えたりしゃべったりしている。

表現する人が、姿やかたちを与える、
「時代の空気」が、重くなっている。
でも、希望を忘れないでと。

憂いていることは今の悲劇だけじゃない。
戦争が終わった後も、きっとつらい。
日本もこれを機に変わるだろう。
核についての考え方がシフトしている。

村上春樹さんの、「ねじまき鳥クロニクル」
という小説の中に、「戦争がなくなっても、
この世界から悲しみはなくならない」、
などという台詞があったのを思い出した。

教科書に、またひとつ簡潔に、
この時の悲劇が記されることだろう。

「2022年2月24日、ロシアがウクライナに侵攻」。
今、たくさんの人が悲しんで、怒っている。

笑ったり、喜んだり楽しんだりすることを、
誰もが失わないように、私は平和を願う。

関連記事
2022.02.13 「何者」
2022.02.06 「自然保護」について
2021.11.23 眠気解消
2022.01.18 終焉の焔
2022.02.22 固視微動
2022.02.04 日本史が好きな人たち
2022.01.11 3日分
2021.11.15 眠気とコメダ
2022.02.03 意味づけしない