漫画できた!
2023-12-17 (Sun)

3月から描き始めて5月に放置してた漫画、
今月からまた描き始めて終わりました。

先に友人に見せたのですが、
いろいろ感想をもらいました。

先に断っておいたことがあって、
「頑張ったね」、は作者への労いであって、
それも別に嬉しいのだけど、
本当に欲しいのは作品への感想、
だということを伝えました。

よく言われるんですよね。
「頑張ったね」。
友人として言ってくれてるのはわかるんですけど……。
作り手の願望としては産み落とした作品を見て欲しい。
目をそらさないで欲しい。

まあまあ、悪いところの指摘が多かったです。
作品について何も言われないことに比べたらマシですが。

列挙するとこんな感じでした、うろ覚え。

  • 登場人物が多い。覚えられない。
  • ヴァレリとシュヴァンと何者かの関係と、何が起こったかがわかりにくい
  • 主人公の記憶喪失設定を活かしてもっと説明がほしい
  • 場面が切り替わったときのコマワリが効果的じゃない
  • 呪印の効果がいまいちわかりにくい
  • 突然出てきた女の子が前半に出てきた子と同一人物だと気づかない
  • グレンやシュヴァンがどこで止めを刺されたかがわからない
  • 設定は練られているが活かしきれてない
  • 内容を詰めすぎていて説明不足
  • 何が重要な情報なのかわからない
  • コマワリがずっと3段になっているのが気になる?

感想というより批評でした。
批評してとは一言も言ってない。
感想以前の問題だったってことですかね……。

何回も読めばわかることもあると思うのですが、
一回しか読まない人が大多数で、
一発でわからないところが読者に不親切なんだろうなあ。

コマワリほど気を遣ったところはないつもりですが、
なんかあんまり出来てなかったみたいです。

私は漫画の中で説明したつもりでも、
あんまり伝わってないところが多かったです。

逆に良かったとか好きなところとかは以下の感じでした。

  • 魔法陣などの描き分けが凝っている
  • ウォルターのキャラデザが好き
  • 優し気な主人公の表情が31ページで変わるのがいい
  • おじいちゃん可愛い
  • トニの存在が気になる
  • 好きなものが詰め込まれている

やっと1話出来ましたが、とても大変でしたね……。
3話まであるので、そこまで読めばわかるのかなあ、
とも言われました。

イラストとはよく使うツールも違うし、
技法も手順もかなり違って難しかったです。

建物などの背景も手書きで頑張ったので、
別の場所に見えたりするところもありますが、
建築物とかも見て欲しいですね。

人物の作画は正直不安定で、
とくにウォルターはイケメンなので気を遣いました。

イラストにはないですが、漫画は流血表現ありです。


Dawn of the World 第一話 饗宴

合言葉:rody

作品説明:
11世紀ごろ、異端審問や魔女狩りから逃げ延びた異端者たちが隠れ住んだ孤島があった。その孤島はロディと名付けられ、魔術師や魔法生物、ちょっと変わった人などが住み着いた。
時は流れ、歴史は忘れ去られたが、そこには今でも不思議な力と隣り合わせで暮らす人々がいる。リュヴリック大聖堂で神父を務めるエルという青年は、8年以上前の記憶が一切なかった。
そしてある日の告解の時間、不思議な女性が訪れる。


正直ブログに載せるかどうかは迷いました。
でもまあ、雰囲気だけ伝わればいいかなって。

後日GALLERYにカテゴリを追加しようと思います。

ついでに人物目録です。

今週もどうかご無事で。

関連記事
2021.08.21 下塗りふたつ
2024.01.27 GALLERY追加
2022.08.22 リアルブラッシュ
2022.01.01 年賀
2021.08.18 とある黒猫シェフ
2024.01.18 気持ち良いから
2022.02.17 アイフォーン
2021.12.21 煮詰めました
2022.02.02 過去絵拾い