正直なこと言います
2024-02-10 (Sat)

「言いたいことは作品での中で」、
っていうのは作り手の良く考えることだと思います。
でも、作品の中であまり言いたくないこともあります。
表現は切り取りや引き算が必要で、
余計なものは削ぎ落さなければいけないからです。
どうでもいいものをいかにねじ込むか、
という楽しみももちろんあります。

「言いたいこと全部詰め込む」は、
私はあまりやりません。
出来る人は相当うまい人だと思います。

学生時代の話になりますが、私は意識的に、
「プレゼンで理解してもらおうとは思わないように」
作品作りをしていました。
プレゼン当日も、「作品を見て素直に感じたことがすべて」、
と考えて余計なことは言わないようにしていました。
例えば道に貼られているポスターを見る人は、
そのプレゼンを聞くことができないからです。
言わない方が、勝手にふくらませてくれたりもします。

ただ漫画を描いている、
だけでは伝えきれなかったことを書きます。

  • 漫画の技術の向上が目的ではない。最低限のことができれば良い。描いた結果向上したなら結果オーライ。
  • 描くにあたって時間的金銭的体力的精神的に犠牲を払って無償で描いている。はっきりいって大変だし楽じゃない。
  • 作品ができるのは気持ち良いから自分のためだけに描いているものを善意で限定公開している。
  • 商業目指してるわけじゃないし漫画を描くための必要最低限の知識があれば描けるし天才になりたいわけじゃない。身銭を稼ぐつもりもない。
  • 漫画が描きたいからストーリーと舞台を練りだしてるんじゃなく、ストーリーと舞台があるからどういう媒体で表現しようかってなっただけ。
  • こういう人は少なからず私以外にもいるし、とくに非商業クリエイターはだいたいこのタイプだと思う。もちろん、違う人もたくさんいる。
  • 前に言った「作者への労いじゃなくて作品の感想が欲しい」という人も少ないかもしれないけど私だけの特別な感情だとは言っていない。なぜ苦労してでも描くかは理由があるからで、なぜか、にあたる部分に目を向けて欲しいのは誰だって一緒。
  • デザイナーやイラストレーターがイラスト技術の向上のために漫画を描くことはよくあるし、媒体の選択肢に漫画が出てきたのもイラストを描いていたからというのが少なからずある。
  • 描きたいものがなくなったら普通にやめようと思っている。
  • 自分以外の考え、目的を持った人を否定しているわけではない。

こういったことは、
描く動機とか文脈にあたる部分で、
画として表現したいものではありません。

今年は漫画を3本描くという目標だったので、
あと2本。
DotWの完結編を描かなければいけないのですが、
2月、正直あまり調子が良くなくて、
3月あたりから描き始めようと思います。

プロットはできているので、
またネームに一週間ぐらいかけて、
十日くらいで清書しようと思います。

久しぶりにコピック出したら、
乾いてたりニブがパサパサになってたり、
インクによって使えないものがあり、
あまり使ってないのに残念な気持ちになりました。

脳トレと思ってラクガキ。

今週もお疲れさまでした。

関連記事
2022.02.09 紙とインク
2021.12.23 4.5+2時間
2022.12.12 らふ
2022.12.05 GALLERY追加
2022.10.08 Adobe Fresco
2021.08.08 唐突にフレのリヴ
2021.08.07 描きかけの絵
2022.02.02 過去絵拾い
2021.08.16 らくが木